お二人の結婚式のために | 全国出張 結婚写真 東京・長野・軽井沢・ウェディングフォトは永井茂樹写真事務所

Wedding その1日に込められた溢れ出る想い
 
 

 

  • HOME
  • >
  • 結婚式を迎えるお二人に

ご結婚おめでとうございます。
結婚式を迎えるお二人に伝えたい ほんの少しのこと

結婚式の写真撮影




はじめに


結婚式の写真って必要でしょうか?


友人や知人 親戚のおじさんに撮ってもらえば良いのでしょうか?


子供の頃の写真が無かったらと想像してみて下さい。


そして結婚式の写真が無かったらと想像して下さい。


二人の未来に最初となる一歩を踏み出したときのこと


結婚式のアルバムは二人の歴史書です。




でも、二度と見たくない結婚式の写真 


押し入れから出る事の無い結婚式のアルバム・・・


そんなお話も残念ながら耳に届きます。


無くしたい。








会場選びもドレスもお料理もすべてそうだと思います。


お互いの顔を合わせてお話しする事。


会場をお決めになる前でもそうあるように、カメラマンにもその時点でお会いする事をお勧めします。


お二人が皆さんと違うようにフォトグラファーも皆違うのです。




素敵な結婚式 ありがとうを伝えること


感謝の気持ちをしっかり留めること。


当日の”ありがとう”を届けること


僕に出来る精一杯 少しでも二人のためになれば嬉しいな












ウェディング フォト


私が残したいものは「気持ち」




結婚式の写真


記憶のかけら




手にすることで甦る記憶 振り返ることのできる時間


感謝の気持ちとこみ上げる感動


何気ない一枚 その一枚をふと見つめてしまう写真


経験からなのですが至福の時間は過ぎ去るのも早いものです。


ゲストの顔ですら思い出せないほどでした。


どんなに素敵な一日を過ごしても、形に残せるのは写真だけ。


本当にかけがえのないものなのです。






私は二人の為の写真を撮り続けたい。


眼を閉じて想像してください。


「残したいものはなんですか?」






それこそが私が残していきたいものなんです。






ドキュメント = 記録写真


あたり前のことなんですが結婚式の撮影はドキュメントです。


あこがれのwedding dress


素敵なメイクにヘアースタイル


こだわりの小物たち 


そのすべてを当日の姿 ありのままで残せていける


ドキュメンタリーな結婚式の写真 ではないでしょうか。


ただ、行われた全てのことを記録していくのであれば


私たちはいらないのかも知れないですね。


ドキュメント  プラス one


思いで プラス one


こだわり プラス one


プラス one こそが私の存在理由です。






私が撮影するwedding photo 


その重きを結婚式中もしくは披露宴・パーティー中においています。


それは二人を祝福するために参列してくださった皆様  お迎えするお二人


そこにドラマがあるからです。


みんなの思いが作り上げるドラマ 全ての結婚式は同じはずがないのです。


そのときその一瞬のあなただけのドラマを紡ぎたい


そこに全力を注ぎます ですのでパーティー中はあまり話しかけることがありません。


その空間に浮かんではきえる ”幸せの瞬間” を一心不乱に捕まえています。


その瞬間はカメラの中で ”永遠の瞬間” に姿をかえ


あなたに受け取ってもらうその時を 今か今かと待ちわびるんです。


もう一度あなたがその笑顔になることを その瞬間は知っているからです。


これから続く幸せの瞬間をおさめる




wedding photographer 結婚式のカメラマンとしてお二人の挙式に参列できること。


その幸せはお二人にお会いした時から始まっています。






お二人のために出来ること


結婚写真のプロであること














ドレスや会場にこだわりを持つように


フォトグラファーもこだわりをもって選んでください。


あなたのこだわりを残し続けることができるのは


ウェディングフォトグラファーなのではないでしょうか。




お会いできる日を楽しみにお待ちしております。





結婚式までにやっておきたいこと