Wedding その1日に込められた溢れ出る想い
 
 

 

永井茂樹写真事務所

代表 永井 茂樹
photographer

空が好きです
星空も好き

この広い空の下 皆とどこかで繋がっている
そう思うとワクワクします。
 
weddingのショーレース
過去に2度出した事があります。
その中で一度だけウェディングフォトアワード
金賞をいただきました。
 
いつからか毎日足りないものを求めるのが当たり前になってしまった世の中に
現在も 過去も 未来も愛すべく
唯一の写真を残します
 
そこにはあなたがいたという事実 
いつまでも恥ずかしくない写真を
 
 
 
 

創業当時の熱い想いを忘れないため個人日記です

長野にいます。
東京にいました。
軽井沢でやろうとも思いましたが
いまは上田で暮らしています。生活に便利です。
東京までは新幹線ですぐの距離になったので田舎暮らしにしました。いまはこの自然がとても好きです。
日本には四季があります。
季節のない街で過ごすのは私には難しかったようです。
季節を感じて写真を撮りたい。

結婚式の写真
もう十何年も撮ってますが僕の中ではすごい変動を見せています。
撮り始めた頃の方が純粋で、毎回同じものを撮る事に何も抵抗はありませんでした。
意外にきっかけは早く来て、何故同じように撮らなければならないんだろ?

二人は違う 写真は同じ
言葉は素敵 写真は同じ
想いも共感 写真は・・・
何してんだろ?僕は誰?


人を撮りたい。


大きな会社では出来ないことをやろうと思いました。それは僕の思いを伝えること
言葉はキャッチーで良い方向に共有しやすいのですが、気持ちを形に残すこと
撮影するものの意思は 言葉や思想で共有できるものではありません。撮影者それぞれの捉え方(考え)があります。
ですが形を決めて共有する事は可能です。

撮影者が同じでないとどんなに打ち合わせしてもイコールにならないのです。
伝言ゲームを思い出していただくとわかりやすいかも知れないですね。

打ち合わせをしっかり行いお二人の人柄 想いを共感する。
二人の予想を超えた写真
共感して初めて残せるものがあります。

僕は恥ずかしがりやでした。
人と話す事もままならない。
そこでカメラと出会いました。
カメラを持つと世界が広がりました。
人とのコミュニケーションも生まれました。
そして仲間が沢山増えました。

知り合えた仲間に恥ずかしくならないよう これからも写真を撮り続けたい。
写真を撮るのに場所なんて関係ない。良いものをより良く残す。
情報はいち早くキャッチする。そして、今が最良だと思わない・・・
もっと自分に出来る事 もっと気持ちを残す事 もっと。。 もっと。。。
大きな撮影会社を見たからこそ今の自分の想いがある。
素敵な言葉よりも、素敵な写真がほしいだけだから・・・

出来る事を出来るだけ。
僕の写真が二人のこれからを明るく照らしてくれたらなぁ いつでもそこにあるその気持ち。
見ているだけで幸せになれる時間がそこにはあります。

ベタベタしたり一気に打ち解けようとする事は出来ない僕
もともとコミュニケーションが得意だったのなら
カメラを持つ事は無かったのだとおもう。。。

ご自身の写真 結婚写真 家族写真 
その先 その先で見返した時
おもわず微笑んでしまう そんな写真を残していきたい。

感謝。

カメラマンは誰でも良い?


最近は皆さんがフォトグラファーです。
デザイナーもフォトグラファー
ホームページ制作者もフォトグラファー
美容師さんもショップの店長も・・・
デジタルカメラの普及に伴い押せば撮れる時代がやってきました。
それは良いことだと思ってます。

でもこれは僕たちから言ってみると全くの別物なんです。
ご家庭で料理を作ります。
美味しくもできますし凝ればスゴイものまでできるでしょう。
例えばパスタ お家で作ったものと特別な専門店で食べたもの
違いはありますか?

見た目は似ていても全くことなるものなのです。
でもそのお店で美味しいチャーハンは出てきません。
料理ができる方とプロの味 何が違うのでしょう?
そこにはそれぞれのプロがいます。
皆さんもいまやられているお仕事のプロなんです☆

写真はちょっと日常ではないためよく分からないものなんでしょう。
だからどなたが撮ってもほぼ一緒と捉えてしまいがちです。
違いがわからないのは当然 しかも経験したことないものです。

お料理なら比較できますし、過去の体験も生きてきます。
空腹を満たすために入ったお店が口に合わなくても次回から選択しないということも可能です。
でも写真にはそれがありません。

写真だけではなく人生にないのです。
過ぎた時間は戻ってこない ハレの日に限らず全ての時がそうなのです。
デロリアンで過去に戻っても過去の自分と接触するのは禁止です(笑)

今を一生懸命生きているあなただから輝いている
その一瞬をしっかりと残していけるもの
笑顔の写真 同じようですが実は違っているのです。